旧町名継承碑「茶園町」

旧町名継承碑「茶園町」

大阪市福島区の旧町名継承碑「茶園町」。

野田阪神からほど近い北港通の歩道上、大阪シティバス「野田阪神前」西側・大阪駅前方面行き停留所のそばにありました。

旧町名継承碑「茶園町」

旧町名継承碑「茶園町」

旧町名継承碑「茶園町」

旧町名継承碑「茶園町」

碑文によると、この地はおおむね以下のような歴史をたどっているようです。

この地はかつて、西成郡野田村でした。1897年4月に野田村は大阪市に編入され、北区西成野田になりました。

大阪市では、別の場所にも「東成郡野田村」があり(今の都島区)、同時に大阪市に編入され、いずれも北区に属しました。混同を防ぐ区別のために、旧西成郡野田村のこの地を西成野田、のちに西野田と呼ぶようになりました。旧東成郡野田村は東成野田、のちに東野田としました。

1900年には西野田地域で町名の細分化が実施され、北区西野田茶園町の町名が設定されました。茶園町の町名は、かつての小字名に由来するとのこと。

1925年には北区の西部を分離して此花区が設置されました。西野田地区も此花区に属し、住所からは西野田の冠称が取れる形で、此花区茶園町になりました。

1943年には大阪市の行政区の再編により、此花区の東部(野田・福島)を分離し、また西淀川区に属していた海老江および浦江の西部(鷺洲に改称。大淀区となった浦江東部はのちに大仁と統合して大淀に改称)と、北区に属していた堂島浜通の一部(現在は福島の一部)を加える形で、福島区が設置されました。

これに伴いこの地は福島区となり、福島区茶園町の町名になりました。1975年の住居表示実施により、大開1丁目の一部となりました。