新型コロナウイルスの影響:恒例行事も中止へ

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの影響で、大阪の初夏~夏の恒例行事も相次いで中止が発表されています。

中止が発表された主なもの。

住吉大社卯の花苑一般公開(5月)

例年5月に開園する、住吉大社の卯の花苑。2020年は公開を中止すると発表がありました。

 

卯の花

卯の花

住吉大社の卯の花苑に行ってきました
住吉大社南東にある「卯の花苑」。卯の花(ウツギ)が植えられています。 毎年5月1日~31日、午前10時から午後4時まで開園しています。13品種約500本の卯の花が植えられています。 住吉大社の鎮座の日は神功皇后摂政十一年卯年卯月...
住吉大社卯の花苑 2017年
住吉大社の卯の花苑。今年2017年も公開されています。 卯の花はウツギともいわれ、住吉大社が「卯年卯月卯日」に創建されたと伝えられることから、ウサギとともに卯の花も重要なキーワードとされています。 歌碑。 ...
住吉大社の卯の花苑 2019年
2019年5月、住吉大社の卯の花苑。 卯の花(ウツギ)を植えています。開花時期の毎年5月に一般公開されます。 卯の花苑の由来を書いた立て看板。

また住吉大社関連では、6月の「御田植神事」は関係者のみで非公開で神事を執り行い、一般観覧の中止も発表されています。

城北菖蒲園一般公開(6月)

大阪市旭区の城北公園内にある城北菖蒲園。例年6月初旬頃にハナショウブの一般公開がおこなわれますが、大阪市建設局は中止を発表しました。

城北公園菖蒲園

城北公園菖蒲園 ハナショウブ(2019年)

城北公園の菖蒲園 2019年
大阪市旭区にある城北公園の菖蒲園は、毎年6月前後の期間限定で公開されています。 2019年も公開されていました。 6月初め頃に満開を迎えるハナショウブです。所在地の旭区の「区の花」にも指定されています。 大...

天神祭ギャルみこし(7月)

天神祭の「ギャルみこし」。例年7月23日に実施されますが、2020年は担ぎ手を募集せず、中止にすると、実行委員会から告知がありました。

なお天神祭についても、関係者のみでおこなう神事を除き、渡御行事や奉納花火は中止になるとのこと。

ギャルみこし

天神祭ギャルみこし(2019年)

天神祭ギャルみこし 2018年
2018年7月23日、天神祭の「ギャルみこし」です。 7月24日・25日の天神祭に先立ち、若い女性のみこしが天神橋筋商店街を練り歩きます。 地下鉄扇町付近~JR天満駅前付近で撮影。 「わっしょい」「わっしょい」のか...
天神祭ギャルみこし 2019年
2019年7月23日、天神祭の「ギャルみこし」です。同日に若い女性のみこしが、天神橋筋商店街を練り歩くのが恒例となっています。 ギャルみこしが近づいてきました。 「わっしょい、わっしょい」のかけ声とともに、みこしが通過し...
ギャルみこし 天六駅一日駅長 2019年
Osaka Metro 天神橋筋六丁目駅。ギャルみこしの通過に合わせて、天六駅でも「一日駅長」のイベントがおこなわれました。 2019年7月23日、天六駅に特設ステージが。 ギャルみこしの担ぎ手がやってきました。...