大阪市立堂島小学校記念碑

大阪市立堂島小学校
スポンサーリンク

大阪市北区堂島2丁目、タワマン敷地の西側の広場の一角に、「大阪市立堂島小学校」の碑があります。

大阪市立堂島小学校

大阪市立堂島小学校

堂島小学校は、明治時代初期にこの地域(旧大坂三郷)に設置された堂島西・堂島東・北新地3つの小学校を統合する形で、1883年に設置されました。

明治時代・大正時代には堂島船大工町(現在の堂島1丁目)に校舎があったとされています。その一方で時代が下ると、体操教育が重視されるようになったとして、運動場の取れる敷地が必要だとして、1929年には堂島浜通(現在の堂島3丁目)の旧大阪市役所堂島庁舎跡に移転しました。

堂島尋常小学校の名称を経て、1941年の国民学校令により堂島国民学校となりました。しかし戦災の影響で休校となり、1946年に曽根崎国民学校(のちの大阪市立曽根崎小学校)に統合されました。

その後学校再開を求める声が高まり、戦前とは別の場所、堂島北町(現在の堂島2丁目2番)に新たに敷地を求める形で、1959年に大阪市立堂島小学校として再開校しました。

しかし都心部のドーナツ化が進んだことに伴う児童減少で、1986年に閉校となり、曽根崎小学校に統合されました。曽根崎小学校はさらに1989年に梅田東小学校と統合して大阪北小学校の名称となったのち、2007年に扇町小学校に統合されて閉校されました。