旧町名継承碑「江成町」

旧町名継承碑「江成町」
スポンサーリンク

大阪市福島区の旧町名継承碑「江成町」。野田阪神交差点から西へ、大阪市立福島図書館前にあります。

旧町名継承碑「江成町」

旧町名継承碑「江成町」(左)。右は水防碑

碑文です。

旧町名継承碑「江成町」

旧町名継承碑「江成町」

江成町の地名は、西成郡野田村の小字名に由来するとのこと。大阪市への編入の際に北区西成野田となり、のちに西野田となりました。さらに西野田が細分化される形で、北区西野田江成町となり、1925年の此花区への分区の際に冠称が取れて江成町となりました。1943年に此花区の東半分などで福島区が設置されたことで、この地は福島区に属することになりました。

この地にはかつて自動車学校があり、1942年にはその跡地を利用して、現在の中学校1・2年に相当する年齢の児童を教育する、高等科の国民学校・西野田国民学校を開校したとのこと。1941年に施行された国民学校令では、国民学校高等科の義務教育化への移行を定めていましたた(実際には戦争や戦後の学制改革の影響で実現せず)。このことで、高等科の課程を充実させるため、近隣の国民学校(小学校)に併設されていた高等科を統合・集約したとのこと。

しかし1945年6月の大阪大空襲で被災して校舎が全焼し、近隣の国民学校に統合する形で廃止されました。さらには国民学校自体が、1947年の学制改革で廃止され、現行の小学校制度に移行しました。高等科児童のうち希望者は新制中学校2・3年に編入されることになりました。

戦後は福島区役所がこの地に建てられましたが、区役所はのちに道路の向かい側に新築移転しています。