旧町名継承碑「唐居町」

旧町名継承碑「唐居町」
スポンサーリンク

大阪市東成区東小橋1丁目、JR大阪環状線玉造駅から高架線路東側沿いの側道を道なりに約300m南下したところ、明生第二病院前に、旧町名継承碑「唐居町」があります。

旧町名継承碑「唐居町」

旧町名継承碑「唐居町」

碑文です。

旧町名継承碑「唐居町」

旧町名継承碑「唐居町」

この地は古代、外国使節を迎えるの難波館があったところだと伝えられています。そのことから「唐居」の小字名が付いたとされています。

近世には東成郡中道村に所属し、明治時代の町村制により周辺村との合併で中本村となったのち、1897年4月に大阪市に編入されて東区大字中道となりました。1900年に東区中道唐居町の町名となりました。1935年に「中道」の冠称をとって唐居町と町名変更されました。

1943年には大阪市の行政区の分増区・境界変更がおこなわれ、従来の東区のうち城東線(現在の大阪環状線)以東は東成区に編入されることになりました。これにより東成区唐居町となりました。

1970年9月の東成区での住居表示実施にともない、東成区東小橋1丁目の一部となりました。