旧町名継承碑「黒門町」(中央区、東成区)

旧町名継承碑「黒門町」(中央区)
スポンサーリンク

玉造駅周辺に2ヶ所ある旧町名継承碑「黒門町」。元々同じ町ですが、行政区分割で分かれたことで、中央区と東成区にそれぞれ旧町名継承碑が立てられています。

中央区側はJR玉造駅のすぐ北側。駅から長堀通を挟んだ北側にある玉造郵便局前(中央区玉造1丁目4-13付近)にあります。

旧町名継承碑「黒門町」(中央区)

旧町名継承碑「黒門町」(中央区)

旧町名継承碑「黒門町」(中央区)碑文

旧町名継承碑「黒門町」(中央区)碑文

東成区側はJR玉造駅のすぐ東側の「東小橋北公園」北西角(東成区東小橋1丁目9番付近)にあります。

旧町名継承碑「黒門町」(東成区)

旧町名継承碑「黒門町」(東成区)

旧町名継承碑「黒門町」(東成区)碑文

旧町名継承碑「黒門町」(東成区)碑文


黒門町の由来は、江戸時代に大坂城の玉造門がこのあたりにあり、黒い色の門だったからだとされています。

この地は明治時代初頭までは東成郡中道村でした。1897年に大阪市に編入され、東区となりました。編入当初の東区中本大字中道を経て中道黒門町となり、1935年に黒門町となりました。

1943年の大阪市の行政区変更にともない、JR城東線(現在の大阪環状線)以東の区域が東成区に編入されることになりました。東区側は引き続き東区黒門町となりましたが、東成区側は東成区黒門町となりました。

東成区側では1970年の住居表示実施で、東成区中道3丁目、東小橋1丁目のそれぞれ一部となりました。

東区側では1974年に住居表示が実施され、東区玉造1丁目の一部となりました。東区は1989年、合区で中央区となりました。