旧町名継承碑「松原通一~三丁目」

旧町名継承碑「松原通一~三丁目」

大阪市西成区岸里東1丁目、天下茶屋公園の南西にある旧町名継承碑「松原通一~三丁目」。

この町名は、当地がかつて「岸の松原」と呼ばれたことから、町名が付けられたとのこと。今でこそ海岸ははるか西側になったものの、古代・中世までは海岸沿いで、海岸に松林が広がっていたことがうかがわれます。

この付近は西成郡勝間(こつま)村でした。玉出町として町制を敷いたのち、1925年に大阪市に編入され、西成区に属しました。当初は旧玉出町全域が西成区玉出町となったものの、2年後の1927年に町名が細分化設定され、松原通の町名となりました。

1974年の西成区での住居表示実施により、岸里東1~2丁目、天神ノ森2丁目、玉出東1丁目の各一部となっています。