森小路遺跡の碑

森小路遺跡

大阪市旭区にある「新森中央公園」。京阪森小路駅からやや東側、地下鉄今里筋線新森古市駅からやや北西側の場所にあります。

新森中有公園

何の変哲もない街区公園ですが、ここにはこのようなものがあります。

森小路遺跡

森小路遺跡です。弥生時代の集落遺跡です。新森中央公園を中心とした半径300~400メートルの範囲に広がっていると推定されています。

この地はかつて、上町台地と生駒山地に挟まれるような形で、河内潟と呼ばれる湾・のち内湖になっていました。淀川や大和川から流された土砂が堆積して陸地となったものです。

森小路遺跡付近は当時、岸辺にあり、弥生時代には集落が形成されていたとのことです。

1931年、この地を住宅地として開発する際に遺跡が発見されました。弥生時代の貝類や土器が発掘されました。また後年の調査では、奈良時代から鎌倉時代にかけての複合遺跡だったこともわかりました。