都市の秘境駅:南海汐見橋線木津川駅探訪

木津川駅

南海汐見橋線木津川駅を訪問。

木津川駅

発着する電車は1時間に上下2本ずつ。

大阪市中心部にほど近い地域で、難波からも直線距離で2kmほどにもかかわらず、駅の周りには何もありません。駅前には商店や住宅などはなく、空き地が広がっています。

駅舎もかなり古いものです。

徒歩や自転車で駅にたどり着くには、東側から入るにしても西側から入るにしても、事情を知らなければ「こんなところを本当に進んでいっても大丈夫なのかな」と思うような、空き地の中の細い道を進むことになります。

一部では「秘境駅」ともいわれているとか。

乗車駅証明書発行機

無人駅です。乗車駅証明書発行機が設置されています。ここで発券した場合、降車駅で運賃を精算することになります。

このほかにも、通常の切符券売機も設置されています。

改札は自動改札機が2台。

木津川駅 改札

改札内に入ってみます。

駅舎とホームは構内踏切で連絡しています。近年の駅では、安全面から跨線橋や駅そのものを高架化するなどの改造がおこなわれるケースが多く、構内踏切はかなり珍しくなっています。

木津川駅 構内踏切

構内踏切を渡ったホーム側から。駅舎方向。

木津川駅 構内踏切

ホームです。

木津川駅 ホーム

古い時代の屋根が、今でもそのまま使われています。屋根を支えている柱は、古くなって使用されなくなったレールを転用したものだとか。

写真右側(西側)に広がる空き地は、この駅がかつては貨物駅だった名残です。南海ではかつては貨物輸送をおこなっていました。紀伊山地から切り出した木材は貨物列車に載せられて木津川駅に着き、貨物ヤードから、木津川を挟んだ対岸にあたる大正区にあった貯木場へと運んでいたとのこと。

汐見橋行きの列車が駅を出発しました。2両編成の列車1編成がのんびりと往復しています。

木津川駅

現在汐見橋線で使用されている車両は、元ズームカーの支線用車両。支線用車両の運用は各支線で共通化されています。

この日は、普段は主に高師浜線を中心に運行されているラッピング列車「走る工場夜景号」の編成が、汐見橋線で走っていました。

駅名表示板。南海電鉄の2018年時点での標準の形式です。

木津川駅 駅名標

ひらがな、漢字、ローマ字(大文字表記)、中国語(木津川駅の場合は日中で同じ漢字になりますが)、ハングルの各表記がされています。

汐見橋線の駅ナンバリングは、接続駅・岸里玉出駅(NK06)からの枝番方式になっています。