野江水神社と野江水流地蔵尊

野江水神社 パネル
スポンサーリンク

大阪地下鉄谷町線野江内代駅のすぐ近くに「野江水神社(すいじんじゃ)」があります。

野江水神社

野江水神社

水の神様を祀っている神社だとか。 水波女大神(みずはのめのおおかみ)を祭神としています。

伝えられるところによると、三好政長が16世紀にこの地に榎並城を築いた際、度々水害が起きたことから、水神を祀ったことが始まりだとか。

境内にパネルがありました。

野江水神社 パネル

野江水神社 パネル

すぐ隣には「野江水流地蔵尊」があります。

明治時代初期にこの地を襲った水害の際に地蔵が流れ着いてきて、それを祀ったのが始まりだということ。

野江水流地蔵尊は、大阪市の都市景観資源にも指定されています。

この付近は元々は地形的に水害には強くない場所でもありました。先人が治水の努力を重ねてきた歴史があります。治水は、この地域に限らず、大阪の多くの地域で重要な課題となっています。