大阪市立中央図書館の「ネーミングライツ」看板

大阪市立中央図書館

2019年10月より2年間のネーミングライツ契約が結ばれた大阪市立中央図書館。

看板がかけ変わっております。

「辰巳商会中央図書館」・・・。

これに関しては、共同通信でも批判記事が出ています。

辰巳商会中央図書館ってなに? 突然名前が変わった最大級の図書館 | 47NEWS
大阪市立中央図書館が10月1日から「辰巳商会中央図書館」になったという。昨年のデータによると、蔵書2...

「大阪市」を消したがる大阪維新の会によってネーミングライツ制度導入。しかも年間200万円。これどうなのか。

大阪市をなくすために、「大阪市」の名前を消せればそれでいいとばかりの扱い、なんということか。

案内掲示

ネーミングライツ導入を知らせる掲示

「ネーミングライツ」目前にした大阪市立中央図書館
大阪市西区にある大阪市立中央図書館。 2019年9月、大阪市は中央図書館に「ネーミングライツ」制度を導入すると発表しました。2019年10月よりネーミングライツ制度に基づいた愛称が付くようです。 正式名称は従来のままです...