民営化直前の大阪市交通局 (1)

大阪市営地下鉄ピクトグラム

大阪市交通局は2018年4月に民営化され、地下鉄事業は大阪メトロに、市バス事業は大阪シティバスへと事業が引き継がれることが発表されています。

現行の大阪市交通局、地下鉄・市バスの看板やロゴマークなども、おそらく取り替えられると思われます。

移行前に写真で記録してみます。

地下鉄の駅の入り口のピクトグラム。電車とトンネルのイラストで「地下鉄」を表しています。電車に描かれているマークは通称「コマルマーク」ないしは「マルコマーク」、大阪市営地下鉄のマークです。Osakaの「O」に地下鉄事業を表す「大阪市高速鉄道」の「コ」を組み合わせたデザインです。

アルファベットのOですが、○(マル)と読み替えて「コマル」といわれています。

大阪市営地下鉄ピクトグラム

地下鉄入口のピクトグラム(大阪市営地下鉄森ノ宮駅)

このピクトグラムは大阪市営地下鉄のあちこちで使用されています。

駅の入り口や構内での従来型のピクトグラムでは、この絵に色をつけることで、路線の区別の案内にしています。なお、駅によっては、路線名をアルファベット記号で示す方式の、新型のピクトグラムに交換されています。

西梅田駅の乗り換え案内(従来型ピクトグラム)

西梅田駅構内の乗り換え案内(従来型ピクトグラム)

コマルマークは地下鉄車両にも描かれています。

四つ橋線西梅田駅で折り返し待ちの23系(新20系)車両。コマルマークがドアの左上に描かれています。

四つ橋線23系

他の形式の車両でも、ドアのそばにコマルマークが描かれています。

また地下鉄車両には、大阪市交通局の局章も描かれています。

大阪市交通局 局章

大阪市営地下鉄10系車両に掲示された大阪市交通局局章

大阪市の市章「みおつくし」に、前身の大阪市電気局の「電」の文字を組み合わせたデザインです。