北加賀屋にやってきた大阪市電保存車3012号

大阪市電3012号

大阪市住之江区北加賀屋2丁目、加賀屋小学校西側の空き地。

ふと道路から横を見ると。

大阪市電3012(北加賀屋)

濃淡の小豆色の路面電車が。この塗装は、大阪市電・・・?

「なかよし号」と書かれた階段も。

ズームしてみます。大阪市電3012号です。

大阪市電3012号

大阪市電3012号

大阪市電3001形の保存車です。1956年に3001号車~3050号車の50両が製造され、1969年の市電廃止まで大阪の街を走っていました。3001形は当時の路面電車での最先端技術を駆使して製造されたそうで、大阪市電最終期の主力車両ともなっていました。

今も大阪の街を走る阪堺電車のモ501形とも、雰囲気が似ています。

市電廃止後は、3050号車が大阪市交通局(現・大阪メトロ)として公式に保存車となったほか、30両前後が個人や学校・団体などへ払下げられたようです。

3012号車は以前は富田林市の幼稚園で保存されていましたが、2019年7月に北加賀屋に移設されたようです。

大阪市電3012

富田林市の幼稚園に保存されていた時代の3012号(2018年、ストリートビューより)