レトロモダンな大阪地下鉄

天王寺駅のシャンデリア

大阪市営地下鉄改めOsaka Metroが2018年、地下鉄駅の改装計画を出したものの、あまりにもなデザインに反対の声が多く集まった。

心斎橋駅改装案(産経新聞2019年1月28日付より)

「昭和初期のレトロモダンな建築を打ち消している」「派手すぎて落ち着かない」などのと批判が大きく沸き起こった。Osaka Metroでは、さらに改装案を検討するとしている。

大阪はコテコテケバケバのイメージで語られることも多いが、実際はそうでもない。落ち着いたレトロモダンこそが大阪の醍醐味ではないか。

2019年現在の地下鉄駅構内の様子。

天王寺駅。シャンデリアが美しい。当初の改装案によると、天井を「空」イメージにするという突飛もない案が出されたが、とんでもないのではないか。

天王寺駅のシャンデリア

天王寺駅のシャンデリア

天王寺駅シャンデリア

天王寺駅シャンデリア

心斎橋駅。天井のアーチとシャンデリアが綺麗な駅。わざわざケバく塗りたくらなくても美しい。

心斎橋駅

心斎橋駅

淀屋橋駅。

淀屋橋駅

淀屋橋駅

いずれの駅も、蛍光灯がLEDに変わるなどの時代に即した変化はあったものの、基本的に建設当時のものを踏襲しています。