こどもの日とこいのぼり

こいのぼり

5月5日はこどもの日。住吉大社のご神田にはためくこいのぼり。

こいのぼり

こいのぼりは江戸時代、端午の節句の時の武家が掲げたことが発祥で、その後庶民にも広まったようです。端午の節句の時にかけられるこいのぼり、江戸時代は旧暦で梅雨の時期でしたが、今は4月中旬・下旬から新暦5月5日前後まで飾られ、春の晴天の中にはためくイメージが一般的のようです。

現在の日本では5月5日はこどもの日として祝日になっています。この日が選ばれたのは端午の節句に由来しているとのこと。

子どもたちをめぐる状況、厳しいものもありますが、子どもたちがいきいきと成長できる社会を作っていくことは、大切なことです。