鶴見橋跨線橋と南海汐見橋線

鶴見橋跨線橋

大阪市西成区津守、新なにわ筋上にあり南海汐見橋線をまたぐ鶴見橋跨線橋です。

鶴見橋跨線橋

通常の跨線橋よりも坂が緩やかです。というのはこの跨線橋は、1968年までこの地を走っていた大阪市電阪堺線(三宝線)の路面電車の跨線橋を、道路用に改修して転用しています。

三宝線は私鉄の阪堺鉄道として開業し、その後大阪市電に組み込まれた路線です。芦原橋を起点として新なにわ筋を南下し、住之江公園を経て、大和川を越えて堺市の出島まで路線が伸びていました。

大阪市電は1950年代後半・60年代当時のモータリゼーションのもと、交通渋滞やそれに伴う定時運行確保が問題になり、路面電車を持つ他都市に先駆けていち早く廃止されてしまいました。

設置の経緯から跨線橋には車種制限があり、大型車や二輪車は側道に回るよう案内されています。

路面電車廃止から50年近くになりますが、たしかにここを電車が走っていたという痕跡がありました。

鶴見橋跨線橋 架線柱跡

かつての路面電車の架線柱の土台部分と、架線柱の下部がそのまま残っています。

南海汐見橋線の線路をまたぐ部分。

鶴見橋跨線橋をくぐる南海汐見橋線

ちょうど南海汐見橋線の電車が来たところです。2両編成のワンマン運転の車両がのんびりと往復しています。