大阪検定ポスター:花園町駅

大阪検定ポスター 花園町駅

大阪検定ポスター、大阪市営地下鉄四つ橋線花園町駅のご当地問題ポスターです。

大阪検定ポスター 花園町駅

――花園町について正しいものは、次のうちどれ?

(1)秘密の花園が地下にある(2)花園ラグビー場があった(3)元は鼻園という表記だった(4)昔は四つ橋線の終着駅だった

答えは(4)です。1942年に大国町~花園町が開通し、終着駅になりました。当時は今の御堂筋線の梅田~天王寺が開業していて、大国町から分岐する支線の形で区間運転していました。

1956年に岸里まで延伸開業し、途中駅になりました。

他の選択肢を見てみましょう。なかなか凝った選択肢です(笑)。

地下にあるのは秘密の花園ではなく、地下鉄の路線・駅と、駅すぐそば・花園交差点北東角の旧弘治小学校校舎下に作られた花園町駅の自転車駐輪場です。駐輪場は弘治小学校の校舎建て替え工事の際に併設されたそうです。

花園ラグビー場は東大阪市、ここの花園町は西成区。たまたま同じ地名だっただけで別の場所です。西成区の花園町から東大阪市に移転したわけではありません。

「鼻園」も違います。全く別の場所の西淀川区の花川は、当時川が蛇行していて鼻のように突き出た地形だったことから元は「鼻川」の表記だったようですが、ここ花園の話ではありません。