『マッサン』モデルの地、摂津酒造跡

摂津酒造跡地

大阪市住吉区、住吉東駅北東側、阪堺電車神ノ木駅と線路が立体交差する場所にある市営住宅と児童公園「神ノ木公園」。

この地にはかつて、酒造会社「摂津酒造」がありました。日本でのウイスキー醸造の草分けとなった竹鶴政孝氏は若い頃に摂津酒造に勤務し、在籍当時にウイスキー醸造を学ぶための留学もおこなったそうです。竹鶴氏をモデルとした2014年下半期放送のNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」でも、摂津酒造は「住吉酒造」として出てきました。

摂津酒造跡地はドラマの放送後、大阪市顕彰史跡212号に指定されたようです。

摂津酒造跡地

顕彰パネルです。

摂津酒造跡のパネル

摂津酒造は1964年に宝酒造に合併され、同社の大阪工場となりました。しかし工場は1973年に廃止され、跡地は市営住宅などになっています。

ちょうど紅葉の時期、市営住宅周りの桜の葉っぱが赤く色づいていました。

市営住吉住宅の桜紅葉