天王寺駅で323系に遭遇

大阪環状線323系 2016年12月、天王寺駅

所用で通りかかった天王寺駅。時間に余裕があったので撮り鉄。

天王寺駅 大阪環状線ホーム

環状線外周りホーム、14番線。やってきたのは201系です。国鉄時代に作られた車両です。もともとは京阪神緩行線(東海道・山陽本線の各駅停車)として使われていた車両でしたが、京阪神緩行線での新型車両(207系)導入にともなって、2005年以降に大阪環状線に転入させています。転入の際、青色(スカイブルー、青22号)からオレンジ(オレンジバーミリオン、朱色1号)に塗り替えて使っています。

東京で2010年まで走っていた中央快速線の車両と同じ形式・同じ色ですが、同じ車種というだけで、東京で使われていた車両が大阪に来たわけではないようです。

大阪環状線 201系 天王寺駅 2016年12月

201系を見送ったあと、「次の電車は足元の△印でお待ち下さい」と電光掲示板に表示。

△印は「3ドア車」のドアの位置。もしや。

大阪環状線に2016年12月24日に投入されたばかりの新車、323系がやってきました。

大阪環状線323系 2016年12月、天王寺駅

環状線は今は103系や201系が走っています。これらの車両は1車両にドアが4つある4ドア車です。将来的には323系に統一し、関空快速や大和路快速から乗り入れる3ドア車とともにドアの位置をそろえ、各駅にホームドアを設置する計画となっているとのこと。