阪堺モ161号 定期列車に充当

阪堺161 2015年12月、天神ノ森

現役で定期運用されている列車としては日本最古でもある、阪堺電気軌道モ161形。

トップナンバーのモ161号車は、2013年に1965年当時の塗装に復元されてからは、貸切列車としての運用が主になっていました。

数え年88年の米寿を記念し、2015年11月・12月に定期列車の運行の筋に充てられていました。写真は阪堺線天神ノ森駅に停車中。

阪堺161 2015年12月、天神ノ森