愛染まつり 2017年 宝恵かごパレード出発式

愛染まつり出発式 愛染娘

大阪の四天王寺の別院・愛染堂勝鬘院(あいぜんどうしょうまんいん)、通称「愛染さん」。大阪市天王寺区にあるこの寺院の夏祭りが「愛染まつり」です。6月30日・7月1日・2日の3日間にわたって開かれ、天神祭(7月24日・25日)・住吉祭(7月30日・31日・8月1日)とともに大阪三大夏祭りのひとつともされています。

愛染まつりは大阪で最も早い夏祭りでもあり、夏の訪れを示す風物詩ともなっています。

2017年、初日の6月30日、午前11時30分から12時30分まで、あべのキューズモール・3階ステージで宝恵かごパレードの出発式でした。当日は開始直後くらいまではあいにくの小雨でしたが、出発式が終わる頃には雨は上がりました。

摂州地車囃子かずら(せっしゅうだんじりばやしかずら)による地車囃子の演奏で幕開けです。

摂州地車囃子かずら

摂州地車囃子かずらは、摂津国、なにわ(大阪)に伝わる地車囃子の保存と発展を目的に結成されたグループだそうです。

宝恵かごを担ぐ「愛染女組」が登場。ダンスで魅せます。

愛染女組のダンス 20117.6.30 あべのキューズモール

そして愛染娘が登場、一人ずつ自己紹介中。

愛染まつり出発式 愛染娘

愛染娘も歌います。

愛染まつり出発式 愛染娘

ステージ終了後、宝恵かごパレードに向かいます。阿倍野歩道橋から天王寺駅1階西口改札口前を通り、地下に入って「あべちか」まで徒歩でパレードします。そしててんしば付近(バス停・交番前付近)から地上に出て宝恵かごパレードが始まります。