西六小学校顕彰碑

西六小学校記念碑
スポンサーリンク

大阪市西区、地下鉄西長堀駅の上にある「鰹座橋交差点」北西角付近。

ここに「西六小学校・西六国民学校顕彰碑」があります。

西六小学校記念碑

この地には、かつて西六尋常小学校がありました。「さいろく」と読むそうです。

明治時代初期、1873年に西大組第十三番鰹座小学校が、この地に設置されました。

その後1884年、近隣の西大組第十一番知留辨小学校・西大組第十二番砂場小学校が合併する形で、西六小学校になりました。

西六尋常高等小学校と称したのち、1941年の国民学校令施行により西六国民学校と称しました。

しかし1945年3月13日の大阪大空襲により、校舎が全焼し、地域一帯が被災しました。この影響で終戦後は休校となり、西船場小学校に統合されました。その後、同様に戦災被害で休校となっていた堀江小学校の再開(1950年日吉小学校分校として再開、1951年独立再開)に伴い、西六校区は堀江小学校校区に編入されました。

西六校は学校再開を目指す動きがあったものの、そのまま廃校となっています。

また旧校地の一部は、戦後に作られた新なにわ筋の道路用地となりました。現在の阪神高速西長堀入口付近の道路上から、鰹座橋交差点北西角の病院敷地(以前はタクシー会社の駐車場でした)のあたりが、旧西六校の跡地にあたるとのことです。