三宝あじさいまつり 2018年

あじさい満開です

堺市の三宝水再生センターで例年6月上旬に開催されている「三宝あじさいまつり」です。本数は少ないですが、大阪地下鉄住之江公園駅や、南海電鉄堺駅西口・堺東駅から南海バスが出ています。

三宝あじさいまつり

あじさい、見頃でした。

クリックすると拡大します。

同時に「マンホール展」もおこなっていました。

マンホールのふたは、近年では設置者の自治体ごとにデザインが凝らされ、愛好家も増えているそうです。

大阪府内の各自治体のデザインマンホールを展示していました。

吹田市は「ガンバ大阪」、大阪市は「大阪城とサクラ」、八尾市は「河内木綿」、柏原市は「ブドウ」、そしてご当地堺市は「堺燈台」「南蛮船」など、土地柄や土地の歴史を反映したデザインとなっています。

展示は府内の北から南の自治体へと順に並べられ、最後に堺市のマンホールが展示されていました。

写真はごく一部です。クリックすると拡大します。