三宝あじさいまつり 2017年

あじさい

堺市三宝水再生センター(三宝下水処理場)で「あじさいまつり」が開かれています。

あじさい祭入り口

南海堺東駅か大阪市営地下鉄住之江公園駅からの南海バスが目の前に止まるとはいえども、堺東駅からのバスは1時間に1本、住之江公園駅からのバスは30分に一本と、本数が少ないです。

鉄道駅から徒歩だと、住之江公園駅から南下して阪堺大橋を渡り、渡りきってすぐの松屋町(まつやちょう)交差点を右折して西側に約2km、もしくは南海七道駅から西に約2km、いずれも徒歩で30分前後かかることになります。

三宝下水処理場のあじさいは、この時期に社会見学にくる小学生が多いことで、職員有志があじさいの花を植えたことが由来だそうです。1991年度より一般公開されるようになりました。

構内に咲いている、あじさいの花です。(クリックすると拡大します)