「堺市水道事業発祥之地」の記念碑

堺市水道事業発祥の地

堺市の浅香山浄水場にある「堺市水道事業発祥之地」の記念碑です。

堺市水道事業発祥の地

堺市の水道は1906年に予算が認可され、工事を経て1910年4月より通水が開始されました。近代水道としては全国で18番目の開始だったそうです。

事業開始当初は大和川を水源とし、浅香山浄水場から堺市内に給水していました。

すぐそばには、水道創設時取水口跡の碑もありました。

水道創設時取水口跡

しかし大正時代に入ると、水道の需要量増加によって大和川だけでは水をまかないきれなくなり、不足分は井戸の新設や濾過池増設、大阪市を通じての淀川の水の受水などで一部をまかないました。

昭和戦後期には大阪府営水道から淀川水系の浄水を受水するようになりました。その後大和川の水質悪化により、1978年には大和川からの受水を中止し、府営水道と大阪市水道局から受水した淀川水系からの水100%に切り替わりました。

1995年には大阪市からの水の受水を中止し、府営水道(2010年より大阪広域水道企業団に移行)100%に切り替わっています。