旧町名継承碑「草開町」

旧町名継承碑「草開町」
スポンサーリンク

大阪市福島区玉川1丁目にある旧町名継承碑「草開町」です。

読み仮名は碑文では明記されていませんが、資料を調べると地元では「そうかいちょう」と読んでいたようです。

大阪市立下福島中学校の南西に接する、新なにわ筋沿いにあります。

旧町名継承碑「草開町」碑文です。

草開町

この地はかつて西成郡野田村の一部でした。

野田村は1897年大阪市に編入され、北区西成野田、のちに北区西野田となりました。

さらに野田村の地域で住所が細分化され、1900年に北区西野田草開町の町名になりました。

1925年4月には、北区の西半分を分割して此花区ができ、これに伴いこの地も此花区に編入されました。同時に冠称の西野田も取れて、此花区草開町となりました。

1943年には大阪市の行政区の再編により、当時の此花区の東部(野田・福島地区)と当時の西淀川区のうち淀川南岸の鷺洲地区をあわせて福島区が発足しました。これに伴いこの地は福島区となり、福島区草開町となりました。

1975年の住居表示の実施により、草開町は玉川1~4丁目および福島4丁目のそれぞれ一部に再編されています。