旧町名継承碑「住吉町」(住之江区)

旧町名継承碑「住吉町」(住之江区)

大阪市住之江区、住吉公園内にある旧町名継承碑「住吉町」です。

旧町名継承碑「住吉町」(住之江区)

住吉公園の東側、公園の入口(交番付近)からほど近い場所、中央の参道「汐掛道」から少し奥に入ったところににあります。

碑文です。

旧町名継承碑「住吉町」(住之江区)

現在は住之江区になっている住吉公園敷地やその西側付近から、現在の住吉区の住吉大社付近、帝塚山・万代・大領付近、また阿倍野区の北畠3丁目付近や現在の阪南町の南側の一部・ライフセントラルスクエア北畠店(旧阪南団地)のあたりまでは、かつては住吉郡住吉村でした。

住吉村は1925年、大阪市の第二次市域拡張により大阪市に編入されました。住吉村では大字を設定していなかったことから、旧村域全域が一度「住吉区住吉町」となりました。その後町名の細分化や境界変更などが複数回実施され、「住吉町」の範囲は縮小しました。

碑文で示している住吉町は「狭域の住吉町」と位置づけられ、ほかの地域に町名が設定されたのちの「1954年以降の住吉町の地域のうち、1974年に住之江区になった地域」としています。

1974年に住吉区と住之江区が分区した際に住之江区では住居表示が実施され、住吉公園敷地の住吉区住吉町などが、住之江区浜口東1丁目の一部になったということです。