住道(須牟地)廃寺跡

住道(須牟地)廃寺跡
スポンサーリンク

あべの橋から出ている大阪シティバス5系統の終着バス停「住道矢田」。

住道矢田バス停

住道矢田バス停

このバス停からみて1本東側の路地に、住道(須牟地)廃寺跡があります。

奈良時代初期に、藤原不比等が建立したとされる寺だということ。この地域はのちに河内国に編入されていますが、当時は摂津国住吉郡住道郷だったとのこと。

平安末期の源平合戦により焼失されたと伝えられています。