生根神社だいがく祭 2016年

生根神社 だいがく

大阪市内では7月24日・25日の夏祭りといえば天神祭が有名ですが、同じ日に同じ大阪市内の玉出では、生根神社の「だいがく祭」がおこなわれます。「だいがく祭」に行ってきました。

生根神社

「だいがく」は、提灯をつけた竿に台をつけて太鼓を打ち鳴らす、古来から雨乞い神事に使われてきたものだそうです。現在の大阪市南部一帯の神社に「だいがく」が伝えられていましたが、太平洋戦争の戦災で消失し、疎開させて難を逃れた生根神社の1基のみが残ったそうです。

「だいがく」は1972年に、大阪府有形文化財に指定されました。「だいがく」は、夏祭りの日のみの公開となっています。

だいがく音頭とともに、「だいがく」が回されています。

生根神社 だいがく

少し角度を変えて、「だいがく音頭」を歌う人とともに。後ろの小さな「だいがく」はレプリカだそうです。

だいがく

「だいがく祭」には、MBSラジオの長寿番組「ありがとう浜村淳です」などでお馴染み、タレント・ラジオパーソナリティの浜村淳さんが駆けつけることが恒例です。

浜村さん、ラジオで聴くようないつもの名調子で、参拝客に福笹を授与されていました。

生根神社だいがく祭で福笹を授与する浜村淳さん(2016年7月24日)

生根神社だいがく祭で福笹を授与する浜村淳さん(2016年7月24日)

生根神社近くの玉出西公園でも、レプリカの「だいがく」を担いでいました。

"玉出西公園で担がれる生</p