生根神社 だいがく祭 2017年

女性だいがく

大阪・玉出の生根神社の「だいがく祭」の様子です。だいがく祭は7月24日・25日におこなわれ、大阪府指定有形文化財でもある「だいがく」が披露されます。

「だいがく」は、古来から雨乞い神事などに使われた、長い竿の先に多数の提灯をつけたものです。かつては現在の大阪市南部の一帯の神社に「だいがく」があったそうですが、戦災で焼失し、現在では生根神社のみとなっています。

だいがく音頭にあわせ、「だいがく」が回転します。(クリックすると拡大します)

生根神社境内の福笹授与所では、毎年恒例、タレント・ラジオパーソナリティの浜村淳さんによる福笹の授与がおこなわれます。浜村さんはここ30年来、だいがく祭に駆けつけているそうです。

生根神社近くの玉出西公園。ここでは、復刻した「だいがく」を担ぐ「だいがく担ぎ」行事がおこなわれます。神社境内にある本物より一回り小型の「中だいがく」と、さらに小型の「女性だいがく」の2基があり、「だいがく音頭」にあわせて公園のグラウンドを一回りします。