突然の天牛堺書店破産・閉店

2019年1月28日、「天牛堺書店」(本部・堺市)が破産したというニュースが、突然流れました。

同書店は堺市や大阪市内南部に、駅ナカや駅前の商業施設などに12店舗を出店していました。また古書の取り扱いでも定評がありました。

前日まで普通に営業していたのに、突然破産し、また同時に全店が突然閉店したというニュースは、衝撃が広がっています。

大阪市西成区、南海電鉄・地下鉄天下茶屋駅の「ショップ南海」内にあった天牛堺書店天下茶屋店。通りすがりの人が何人も驚いた様子で足を止め、破産宣告の貼り紙をながめていました。

突然閉店した天牛堺書店天下茶屋店

書籍などの販促ポスターはそのまま掲示されていました。破産・閉店は突然だったことがうかがわれます。

天牛堺書店天下茶屋店ににそのまま残された販促ポスター
天牛堺書店天下茶屋店ににそのまま残された販促ポスター

堺市や大阪市内南部・南海沿線の住民にとっては、町の本屋としても親しまれてきた天牛堺書店。品揃えも比較的よかった書店でした。今後は南海沿線在住の人は、気軽に手に取って買いたいときには、なんばなど大阪市内中心部に出ることになってしまいます。また古書コーナーも充実していて、掘り出し物を見つけるのも楽しみでした。

地域の本屋がなくなるのはこんなにも衝撃的なのかと感じさせられたニュースです。また、従業員の方の今後についても気になります。