天王寺動物園の動物たち 2019年1月

白雪姫のからくり時計

2019年1月、天王寺動物園です。

天王寺動物園

入り口でいきなり。

ゾウはいません

「ゾウはいません」のお知らせ。

1年前の2018年1月、飼育していたゾウ「ラニー博子」が永眠したという告知。非常に残念なことです。

主を失ったゾウ舎は空っぽになっていました。

新しいゾウがくる見通しは立っていません。

橋下・吉村と続く2011年以降の維新の大阪市政のもとで、天王寺動物園の予算が減らされ、飼育動物を削減する、死んだ動物がいても代わりは補充しない、譲渡できるものは譲渡するといった方針が出されています。

大阪のこどもたちのためにも、こんな市政は変えなければ。

入り口でいきなり残念な現実に直面しましたが、気を取り直して中に入ります。

ヒツジです。

天王寺動物園のヒツジ

寄贈されたヒツジの名前は「マッサン」と「エリー」だそうで、ネームプレートも掲示されていました。

岩場にたたずむライオン。

ライオン

ホッキョクグマの「ゴーゴ」です。

ホッキョクグマ「ゴーゴ」

毎時0分に動き出す白雪姫のからくり時計。「ハイホー」の音楽に乗せて白雪姫のアナウンスが流れます。そして白雪姫とこびとたちが動く仕掛け。

白雪姫のからくり時計

こちらは他の方が撮影したyoutube映像ですが、動画だとこのように動きます。

[4K] Snow White Marionette Clock at Tennoji Zoo in Osaka, Japan