旧町名継承碑「両国町」(鶴見区)

旧町名継承碑「両国町」

大阪市鶴見区緑4丁目、鶴見緑地公園北西口付近にある旧町名継承碑「両国町」。

旧町名継承碑「両国町」

旧町名継承碑「両国町」

この場所は行政区としては鶴見区ですが、旭区および守口市との境界付近に位置しています。

碑文です。

このあたりは明治時代初期までは、東成郡般若寺村の一部でした。

1889年の町村制の実施により、般若寺村は周辺の村と合併し、東成郡清水村となりました。

1925年の大阪市第二次市域拡張により大阪市に編入されました。旧東成郡のほとんどで東成区を設置したことに伴い、東成区両国町となりました。

両国の地名は、摂津と河内との境界からきています。

1932年10月に東成区北部を分区し、旭区が発足しました。これに伴いこの地域は旭区に含まれ、旭区両国町となりました。

大阪市は1943年4月、全市的に区の再編成を実施しました。市北東部では旭区を縮小し、従来の旭区南部と東成区北部を再編して城東区を新設しました。

これに伴い、両国町の一部は城東区に分離することになりました。この地は城東区両国町となりました。

1974年7月には、城東区東部を分離して鶴見区を新設し、この地は鶴見区となりました。鶴見区発足と同時に住居表示が実施され、鶴見区緑3丁目および同4丁目の各一部となっています。