2018年台風21号の被害

台風で工事の仮囲いが落下した花園町イズミヤ前

2018年9月4日に大阪府に最接近した台風21号。大阪府内のほぼ全域で、建物の損壊、公園や街路樹の倒木などの大きな被害をもたらしました。

大阪市西成区、花園町のイズミヤでは、建て替え工事中の足場・仮囲いが落下して道路に散乱する被害が生まれました。落下した足場はその日のうちに撤去されたものの、数日後に行くと信号機が根元から折れたままになっていました。

台風で工事の仮囲いが落下した花園町イズミヤ前

台風で工事の仮囲いが落下した花園町イズミヤ

国道26号の大阪シティバス・南粉浜バス停では、バス停の屋根が吹っ飛んだ上、バス停標識も壊れる被害を受けました。台風から数日後、ブルーシートでぐるぐる巻きにした状態で補修していました。

南粉浜バス停

台風21号で壊れた南粉浜バス停(2018年9月、大阪市住之江区)

あちこちで、落下したがれきが電線に引っかかるなどして、停電なども発生しました。

大阪市内にて。がれきが道をふさいで電線に引っかかる被害があった場所。撤去作業中です。

台風21号:がれきが道路をふさぐ(2018年9月)

がれきが道路をふさいで通行不可に。周囲一帯も数日間停電、撤去作業中です(2018年9月)